華やぎを取り戻した1950年代以降

大恐慌や戦争の影響で、華やぎを失ったウェディングドレスですが、1950年代になると祝福と繁栄の時代がやってきました。ウェディングドレスはかつてないほど大きく、さらに凝ったものになりました。戦時中など厳粛な雰囲気から祝福と繁栄の時代に入り、ウェディングドレスも変化を遂げたのでした。ウェストはとにかく細くなり、スカートはボリュームのあるものになりました。

ナイロンは戦後の一大現象となり、デザイナーたちはナイロンネットを採用し始めます。当時影響力のあったデザイナーたちは、洗練された雰囲気や趣味の良さといったこの時代の流行を築きあげていきました。

1950年代はフォーマルなドレスが全盛でしたが、1960年代の最後の数年になると反戦、平和、博愛などを訴えた若い世代が抵抗をはじめ、長く続いてきたフォーマルな婚礼の伝統から抜け出す動きが出てきました。よりシンプルで自由な表現を選んだのです。1967年には紙でできたドレスまで登場しました。レンタルドレスの際にも、より多くの選択肢が増えた年代となったのです。